楽譜にあるもの、楽譜から考えるもの

何度も書いているけれど、夏休み最終レッスンの今週、「楽譜にあるもの」を確実にチェックして弾くことがテーマです
月曜日の小学生4名は、ほぼクリア!
(小学生以下とエレクトーンの子は、また別のテーマで取り組んでいるのでここにはカウントせず)

そして、9月のテーマとして今日お話したのが、「楽譜から考えること」です
昨日のテレビでの佐渡裕さんと重なりますが、「何を伝えたいか」です
そのための第一歩として、細かいアーティキュレーションばかり気にしていたみんなに、フレーズで音楽をとらえること、段落としてまとまりを考えることをお話しました
そして、「下ばかり見るな!」の言葉の意味も添えて・・・

今日の小学生4名は、とても賢い子ばかり
一緒に考えた部分は、なかなかの出来栄え
今週一週間、きっと一生懸命に考えてくることでしょう

あぁ、明日の小学生&中学生たちの演奏も楽しみです!!!

そぅそぅ、夏休み最後のおまけの宿題も出しましたよ!
(実は夏休みの初めに出しておいた宿題なのに、みんな忘れてる・・・)
作曲者について、その曲について、時代背景も含めて レポート提出!
できるかな?
うふふ、、、、でも、今日1名=小5のMちゃんは、ちゃーんと提出してきましたよん043.gif
みんな、がんばれ~
きっと、この苦労の工程が糧になるよ!
[PR]
by llcorgill | 2012-08-27 21:18 | レッスン
<< 余分だわ・・・ 心に伝わる音楽 >>