心に伝わる音楽

昨夜からの24時間テレビ、珍しく15時間分くらい(?)をみてしまった・・・
もちろん、ずっとテレビの前にじっと座っていたわけではないのだけど、昨夜も今朝からさっきまでもずーっとそのチャンネルがついていた

いろいろな感動的なお話があったし、素敵な家族の絆もあったけれど、一番心に響いたのは、指揮者の佐渡裕が登場したあのコーナーです
被災し大変な思いをしたある高校の吹奏楽部が、松潤の指揮で演奏するまでのお話
指揮が未経験の松潤は、あの佐渡裕さんに指導を受けます
基本的な指揮の技術はもちろんだけど、佐渡さんが言ったひとこと
「何が伝えたいの?」 「何を思って指揮するの?」
「それがあるなら、下を向くな!」
さすが・・・・・

これに答えようと頑張れる松潤のパワーもすごかった

そして、本番
武道館のステージでの松潤からあふれ出るエネルギーは半端なかったですね
指揮そのものは、??のところもあったかもしれないけど、そんなことはどうでもよくなってしまうくらいの気迫がありました
もちろんその指揮棒からあふれ出る高校生の演奏もノリにノッてて楽しそうでした
そして、それを聴いてる佐渡さんは、もぅボロボロなくらいに涙をぽろぽろ流していました
佐渡さんって被災地でいち早く演奏をした方ですものね
確か先週あたりも行かれてたんじゃなかったかしら???

伝えたいものがある
それを伝えたい誰かがいる
だから、楽しみたい

そんな思い、これからの演奏で、レッスンで、忘れちゃならないものですね・・・

さて、明日からのレッスンは、お約束の夏休み最終レッスン!
楽しみですね~
[PR]
by llcorgill | 2012-08-26 21:23 | 音楽
<< 楽譜にあるもの、楽譜から考えるもの いつの間に? >>