「音を聴く」のお話

昨日の台風は、ちょうどレッスンが始まる15時頃には雨がやみ、風は強かったけれども、ほとんどの生徒ちゃんが予定通りに来てくれました!
発表会前ですからねぇ~
急な変更は辛いですもの018.gif

さてさて、そんな発表会前のレッスンはちょっと掘り下げた中身の濃い物となっています
今年のテーマは
「曲のイメージ」そして「音を聴く」

先日、PCトラブルでアップできなかった記事
真の音楽バカは練習バカのことではなく、知識人であるということ
私の尊敬するとある先生が、おっしゃってたことからなんですけどね
最近のレッスンでつくづくそう思います

一生懸命でまじめな子ほど、練習おバカになっちゃってる…
(言葉、悪いですね…)
たくさん練習してれば(たくさん弾いてれば)上手になるかって?
そりゃ、ある程度までは上達しますよ
でも、そこから先は、やっぱり考えなくちゃ
考えるためには、それなりの知識がいるわけなんですよ
本読んでる?
作曲者の伝記だけじゃないよ
その人が生きていた時代、その国のこと
同時代の美術や建築、などなど あげたらきりがありませんね

でも、移動手段が馬車だったモーツァルトの拍子感、アスファルトの舗装道路を整備された自動車や新しいぴっかぴかの自転車にのってる君たちにはすぐにはわかんないでしょ?
だったら、もっとイメージがつかめるようなお勉強しなくちゃね

うふふっ037.gif
そんなお話をした時に「へぇ~」ってビックリしてる君たちの顔みるの
せんせ~は、楽しくてたまんない
だってねぇ、私たちが学んでるピアノ曲のほとんどが今から400年前の物までいろいろなんだもの
そりゃ、わかんないよね!060.gif
でも、音符以外のことも学ぼうね041.gif

我が家のひと時~平和です
c0111741_22391516.jpg
決して仲良しなわけではないけれど、お互いの気配を感じられないと寂しいみたいです
[PR]
by llcorgill | 2011-09-22 22:39 | レッスン
<< 楽譜から音をイメージするんだよ 台風さん、どうなる? >>